多汗症 ストレス 原因

ストレスと多汗症

多汗症はストレスが原因になっていることが多くあります。 緊張や不安が多いとストレスを感じ、自律神経の調子が悪くなります。 自律神経の調子が悪くなると交感神経に刺激が伝わり、 交感神経有意の状態になると、エクリン腺から放出される汗の量が増え多汗症となります。 ですから、ストレスをためないようにすることが必要なのですが、 現代の社会はストレスが多い時代ですし、ストレスをウマく発散させることが難しい人も多くいます。 ストレスをウマく発散させるには、自分の趣味の時間を持ち心をリラックスさせることや、 緊張や不安はその都度改善していくことが必要ですし、 適度な運動をするなどして夜しっかり眠る事も大切です。 また、多汗症の症状が出ることにストレスを感じている人も多くいます。 汗の量の異常を感じ、自分がワキガになっているのではないか・・・など考えるだけで、 大きなストレスがかかり、気持ちが沈みがちになったり、欝になったりするだけでなく、 このように不安になること自体がストレスになり、多汗症の症状を悪化させたりします。 さらに、病気が多汗症の原因になっている事もあるので注意が必要です。 例えば、甲状腺機能亢進症や糖尿病、腫瘍などの疾患は、その症状に「多汗」があります。 汗の量が多い場合、大きな病気が潜んでいることがあるので、 病院を受診し、多汗の原因を探ってみることが必要です。 多汗症の原因の多くはストレスが関係していることが多いのですが、 ストレスだけが原因になるのではなく、病気も考えられるということを頭に入れておきましょう。

 


このページの先頭へ戻る