にきびができる順序

ニキビケアをきちんと行っていても、なぜかニキビができてしまいます。
にきびができる一つの原因として、新陳代謝の低下が考えられます。
新陳代謝の低下により、ニキビができてしまい肌トラブルで悩んでいる人が多いようです。
新陳代謝の低下でどのようにニキビができてしまうのでしょう。
(1)〜(2)の順序でまとめました。

 

(1)角質が厚くなる。
角質が厚くなることによって毛穴が圧迫され、細くなります。
細くなった毛穴だと汚れや皮脂が取れにくくなり、毛穴にたまってしまいます。

 

(2)皮脂が詰まる。
皮脂や汚れが毛穴溜まると毛穴が黒っぽくなります。
そして黒っぽい毛穴の詰まりは、黒ニキビになる原因でもあります。

 

(3)アクネ菌の増殖。
皮脂のつまりによってアクネ菌が増殖します。
アクネ菌の増殖により毛穴の中で炎症がおき、赤ニキビができます。

 

(4)白血球とアクネ菌の衝突。
白血球がアクネ菌を排除する働きにより衝突します。
衝突により膿が発生し、白く痛いニキビになります。
さらに毛穴に炎症が起きると硬結ニキビという硬く痛いニキビになります。

 

(5)炎症が収縮。
ここまでくると炎症が落ちついてきます。
しかし、これで完治したわけでなくニキビ跡や新たなニキビの菌になります。。

 

肌の新陳代謝を整えることで、このようなニキビを防ぐことができます。
ニキビができたからと言って、ゴシゴシ洗ってしまうと悪化の原因になります。
悪化を防ぐには、やさしくケアをすることが重要です。


このページの先頭へ戻る