思春期ニキビと大人ニキビ

思春期にニキビができてしまった経験がある人は多いと思います。
しかし、大人になってからできるニキビと思春期のニキビは何が違うのでしょうか。
大人ニキビと思春期ニキビの違いについて学びましょう。

 

<思春期ニキビについて>
思春期にできてしまうニキビの原因は、思春期特有のホルモンバランスの崩れによるものです。
ホルモンバランスの崩れによって皮脂の分泌が過剰になり、肌の状態が悪くなり、ニキビ菌が増えやすい状態になります。
おもにおでこや鼻のTゾーンの皮脂が過剰に分泌するので、その場所にニキビができやすくなります。
思春期を過ぎたころにニキビが治まってくるのは、ホルモンバランスが整い、肌の状態が良くなるためです。

 

<大人ニキビについて>
大人ニキビの原因もホルモンバランスの崩れによるものです。
ホルモンバランスが崩れる要因として、食生活、寝不足、ストレスなどが上げられます。
大人ニキビは、同じ場所、周辺に何度も繰り返しできやすく、治りにくい特徴があります。
おもに、口のまわりや頬のUゾーンの肌の状態がわくるなり、ニキビができやすい環境になります。
大人ニキビを減らすには、ストレスを溜めこまないことが重要です。

 

思春期ニキビも大人ニキビもホルモンバランスが大いに関係しています。
身体の内側からニキビを防ぐためには、食事に気を付けましょう。

 

ビタミンB、ビタミンCには肌を健やかに保つ成分がたくさん含まれています。
主食の白米を玄米に変えるとビタミンBをより摂取でき、
野菜やフルーツを食べることでビタミンCをより摂取することができます。

 

ピーナッツやチョコレートなどの脂質の高い食べ物は、肌の皮脂の分泌が増えてしまう原因になりますので、できるだけ控えたほうが良いでしょう。


このページの先頭へ戻る