正しい洗顔方法を実践

ニキビを出さないように、また、悪化させないようにするには洗顔をするのが第一です。
ニキビケアのための正しい洗顔方法をご存知でしょうか。
適当にさっと洗ったり、しっかりゴシゴシ洗ったり、間違えた洗顔方法で洗ってしまうと、肌の状態は悪くなってしまいます。
正しい洗顔方法を実践して、ニキビを出さない健康な肌を保ちましょう。

 

<ニキビができにくくなる洗顔法>

 

・ぬるま湯で洗顔
洗顔の際の水の温度は30度〜34度がベストです。
温度が低すぎても高すぎても肌には負担になってしまいます。
この温度で顔を濡らすと、毛穴がしっかりと開くので、洗顔の効果がアップします。
冷たい水で顔を濡らすと毛穴が閉まって奥まで汚れを落とせません。
逆に熱い水で顔尾を濡らすと肌の潤いがなくなり、脂分が出てきてしまいます。
洗顔にベストな水温で毛穴の汚れを洗い流しましょう。

 

・もっちり泡で洗う
洗顔の基本であり、最も重要なのが泡立てです。
水と空気をたっぷり含ませてもっちりふわふわの泡を作りましょう。
顔を洗うときには、泡を転がすイメージです。
やさしくやさしく肌を撫でるように洗顔しましょう。
これで、必要ない皮脂や汚れなどを落とします。

 

・しっかりと洗い流す
泡でやさしく汚れを取り除いたら、次はしっかりと洗い流します。
決してざっと流して終わりにせず、よく洗い流しましょう。
少しでも泡が残っているとニキビができる原因、悪化の原因になってしまいます。
洗い残しのないよう、丁寧に洗い流してください。

 

以上が洗顔のポイントです。
洗顔が重要だからといっても、1日に何度も洗顔をするのはおすすめできません。
肌にはある程度の脂と潤いが必要です。
多くても1日に3回までに抑え、やさしい洗顔で肌をケアしましょう。


このページの先頭へ戻る