毛穴の汚れ。白ニキビの特徴

ニキビができやすい肌になってしまう原因の一つが毛穴の詰まりです。
毛穴に汚れや皮脂をため込まないようにしっかりと取り除くことが大切なのです。
毛穴が詰まり、皮脂の出口がなくなった場合に炎症をおこし、腐った脂質が溜まると白ニキビができてしまいます。
この状態がニキビの悪化のスタートになりますので、白ニキビができたらすぐに正しいニキビケをアして悪化を防ぐのが重要です。

 

<白ニキビのケア方法>

 

・ビタミン
白ニキビのケアとして、まず必要なのはビタミンを多く摂取することです。
ビタミンはニキビのできにくい肌を作る重要な役割があります。

 

 

・睡眠
睡眠については、肌の再生に欠かせない要素です。
人間は寝ている間に肌の再生を行いますが、睡眠状態が悪いと肌の再生がうまくできず、ニキビはどんどん悪化してしまいます。
夜の10時に睡眠に入ることで肌の再生機能が働きだし、6時間〜8時間の睡眠が必要と言われています。
ビタミン摂取、睡眠をただすことが、白ニキビのケアにつながります。

 

<絶対にやってはいけばいこと>

 

・刺激
白ニキビができると、すぐに治したいという気持ちから、ニキビをつぶしてしまう人がたくさんいると思います。
しかし、白ニキビを刺激を刺激することは、ニキビが大きくなったり、悪化する原因になります。
白ニキビができたときは、刺激を与えす、治っていくのを見守るだけにしましょう。

 

・食事
食生活が乱れると肌の状態は悪くなります。
脂質の多い食事をできるだけ抑えましょう。
チョコレートやピーナッツ、スナック菓子には脂質が多く含まれているのでなるべく控えましょう。
糖質の過剰摂取もニキビができやすく、悪化させてしまう原因になります。
食生活に気を配り、ニキビのできにくい肌にしましょう。


このページの先頭へ戻る