脂漏性皮膚炎について

何度も同じ個所にニキビができてしまう、ニキビなのにかゆみや赤みが強いという人はいませんか?
その場合、皮脂の分泌が過剰な個所にできてしまう脂漏性皮膚炎の可能性があります。

 

この脂漏性皮膚炎はニキビとは全く別物で、皮脂分泌の過剰な個所にできる湿疹のことを言います。

 

<脂漏性皮膚炎ができる原因>
脂漏性皮膚炎の原因には癜風菌というカビが影響していると考えられています。
この癜風菌は人間からでる皮脂を餌にして繁殖していくカビ菌です。
そのため、顔や頭などの皮脂の分泌が過剰な場所に脂漏性皮膚炎ができやすいのです。

 

<脂漏性皮膚炎の治療方法>
この脂漏性皮膚炎は皮膚炎の一種ですので、
炎症がひどい場合は専門の医療機関にかかり、ステロイドの薬で治療するのが一番です。

 

脂漏性皮膚炎は症状が見た目にわからなくなったとしても、再発の可能性があります。
顔に癜風菌が残っている場合、治ったように見えた炎症が復活し、脂漏性皮膚炎が再発してしまいます。
こうならないためにも、炎症が落ち着いたら抗真菌剤の塗り薬で治療を続けます。

 

皮脂の分泌が多い個所にニキビのような腫れができたり、かゆみや赤みが強い場合は、専門の医療機関で治療を受けましょう。
そして、脂漏性皮膚炎を悪化させないためには、規則正しい生活をするのも重要です。
肌の状態を清潔にし癜風菌が繁殖しにくい肌を保ち、脂漏性皮膚炎を防ぎましょう。


このページの先頭へ戻る