顔ダニの影響

肌から出た余分な皮脂を食べてくれる顔ダニをご存知でしょうか。
普段の顔ダニは人に無害であり、皮脂を食べてくれることによってニキビを防いでくれる味方でもあります。
しかし顔ダニは時としてニキビの原因にもなってしまうことがあります。

 

<顔ダニがニキビの原因を作る>
顔ダニは大体の人の顔に生息しています。
この顔ダニは人間の皮脂を餌にしており、それによって人はニキビのできにくい肌になります。
しかし、この顔ダニが死んでしまったとき、今まで味方だった顔ダニがニキビの原因になってしまいます。
顔ダニの死骸は毛穴に詰まることがあり、それによって皮脂が溜まっていきニキビになってしまいます。

 

<顔ダニがニキビの原因にならないために>
顔ダニのフンなどの排出物は毛穴に詰まることが多く、それが原因でニキビになってしまいます。
毛穴に詰まらせないためには、毎日の洗顔が大切です。
そして、顔に泡を少しも残さないように洗い流すことも重要です。
この泡から顔ダニが繁殖し、顔ダニからでる排出物で毛穴が詰まりやすくなります。
夜行性の顔ダニの繁殖を防ぐには、
毎日の洗顔と泡をきれいに洗い流すことが大切です。

 

<顔ダニの被害を防ぐ洗顔方法>、
・きめが細かくもっちり泡を作る。
・洗顔中は顔をこすらず、泡で包み込むようにする。
・夜寝る前に洗顔を行う。
以上の事を実践して、顔ダニが繁殖しにくい健康な肌を作りましょう。


このページの先頭へ戻る