似ているニキビとおでき

顔に赤いものができると絶対これはニキビだ!と思ってしまいますよね。
しかし、そのニキビは実はニキビではなくおできかもしれません。
とても似ているニキビとおできですが、では、ニキビとおできの違いとは?

 

赤くて膿んでいるいるものが顔にできたらニキビができたと思ってしまいますが、
もしかしたらそれはニキビではないかもしれません。

 

ニキビにもおできにも膿をもっているものがありますので、とてもよく似ています。
ニキビは角質が硬くなることによって、毛穴が細くなり汚れが出られない状態になり、
皮脂や汚れが詰まり炎症を起こしてニキビになります。

 

おできは、毛穴の奥に菌が入り込むことにより毛穴の奥ややまわりなどに炎症が起き、赤くはれてしまいます。

 

どちらも、原因は毛穴の炎症ですが、おできは膿が外に出ることで炎症が落ち着き自然に治ります。
しかしニキビの場合、膿が出たからといってもニキビ跡になる可能性、
膿が出た後にまた皮脂がつまり新たにニキビができてしまう可能性もあります。

 

おできにもニキビにも膿があり、痛みがあり、なかなか区別するのは難しいものですが、
間違えたケアをすると余計に悪化させてしまう場合もありますので、違いを認識し正しくケアをしましょう。

 

間違えたケアによってできたニキビ跡は、できてしまうときれいに治すのはとても難しいのです。
ニキビができてからのケアはもちろん大切ですが、
ニキビができないように普段から正しいケアを心がけましょう。


このページの先頭へ戻る